※画像はイメージです
ヤマダパソコンスクールでは、2017年春から「ロボットプログラミング教室」を開校します!
2020年から小学校で始まる「プログラミング教育必修化」に向けて、既にプログラミングの授業を導入している学校や教育施設があります。
そうした中、子どもたちが組んだプログラムをパソコンの画面だけで確認するのではなく、ロボットに命令を送り、実際に動かしてみることができる「ロボットプログラミング」に注目が集まっています。
ロボットがうまく動かなかったり、思い通りに動くことを経験することで、創造力や理解力、問題解決能力などを育むことができます。 当教室では、子どもたちの可能性を見出し、才能を引き出しながら、将来の役に立つプログラミング学習を目指しています!
 
ヤマダパソコンスクール「ロボットプログラミング教室」5つの特長!
世界中の教育機関で導入されているMakeblock社のSTEM(ステム)教育用
ロボットを使った授業を実施!
※ロボットは正規クラスでは1人各1台、無料体験クラスではロボットは複数人での共有となります
FOM出版(富士通エフ・オー・エム)から発行されているMakeblock公式書籍をテキストとして採用!
小学生低学年から始められるプログラミングの基礎・入門レベルから、中高学年がしっかり学べる応用レベルまでを網羅!
「プログラミングの基礎・入門レベル」ではプログラミングとは?を学習し、専用プログラミングソフトを使ったmBotの基本的なコントロールを学びます。「応用レベル」ではオリジナルのプログラミングにより、mBotを自由に操るテクニックを学びます。
少人数制なので講師が生徒さん一人一人の進捗状況や到達レベルを確認することが可能!
授業で使うロボットはパソコンだけでなく、タブレット、スマートフォン、専用リモコンなど、あらゆる端末で操作が可能!
 
 まずは、無料体験クラスに参加してみてください!
ヤマダパソコンスクールの「ロボットプログラミング教室」では、「無料体験クラス」を実施いたします。
「プログラミングはまったく初めて」というお子さまから、「自分で組んだプログラムでロボットを動かしてみたい」というお子さままで、どなたでも気軽に参加していただくことができます。
無料体験クラスのテーマは「プログラミングの基礎を学ぼう!」と「ロボットを動かしてみよう!」の2つです。
「プログラミングの基礎を学ぼう!」では、ご自宅でできるプログラミングの練習方法などもお教えします。
「ロボットを動かしてみよう!」では、ロボット使用は共有となりますが、実際にロボットを動かして確認することができます。 お子さまが興味を示されるかどうか?無料体験クラスでご覧になってみてはいかがでしょうか?
「無料体験クラス」開催予定店舗について
「無料体験クラス」は、次の店舗で開催を予定。順次開講いたします。
 詳しくはコチラからご確認ください。
開校予定店舗  LABI品川大井町
 LABI1高崎
 テックランド前橋本店
 テックランド神戸本店
 テックランド神戸垂水本店
 
STEM教育とは?

「STEM(ステム)」とは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)Mathematics(数学)の頭文字を取ったもので、ITやIoT社会に於ける教育分野の一つがSTEM教育です。STEM教育は世界中の教育現場で注目を集め、日本でも様々な教育機関での導入が検討されています。
また、最近ではSTEM教育関連の書籍も発売されるようになってきました。

STEM教育用ロボット「mBot」とは?
mBot(エムボット)はSTEM教育に有効な、組み立て、動かす(プログラミング)ことが学べるロボットです。
パソコンを使ったプログラミングの基礎知識にロボットをコントロールする実技が加わることでプログラミングがさらに楽しく、実践的に学べます。

mBotには超音波、光、赤外線、ラインセンサーなど4つのセンサーが組み込まれており、ブロックの並びによってさまざまな動きをします。
専用プログラミングソフトでブロックを並び替えることによって、プログラムの成り立ちが理解できます。
組合わせは自由自在、思い通りにロボットが動かせます!

詳しくは動画で!

mBotの操作はmBlockで!

mBlock(エムブロック)はmBotを動かすためのプログラミングソフトです。 画面中央のブロックを右のエリアに移動し実行するだけで、その通りにmBotが動きます!
ブロックによる並べ替えで、視覚的に命令や制御の順番、設定が行えますので、プログラミングが視覚的に覚えられます!